AGAの原因

髪の毛の発毛が正しく行われないのがAGAの病気の始まりとなりますが、この病気の原因はどのようなものがあるのかと言うと、男性ホルモンが関係しています。このAGAの病気については、原因や正しい治療方法が確立されていないのではっきりとした原因はわかりませんが、男性ホルモンの影響による男性型脱毛症が原因と言われています

抜け毛この男性ホルモンが増えていくことで、男性として魅力を増すために筋肉の増大や骨格の発達に作用する成分、アンドロゲンに該当するテストステロンが多く分泌されます。このテストステロンは、酵素と結びつくことで新しい物質なるジヒドロテストステロンに変換されます。この物質が体内で高濃度になっていくと、抜け毛の作用が多く発生していきます。

男性にとって欠かせないテストステロンですが、髪の毛にとっては抜け毛の原因となる物質に変換されるものなので、発毛の過程を妨害することになります。この妨害が抜け毛として行われていくことで、AGAの症状が進行していきます。この男性ホルモンが増えていくことで、本来は男性的な魅力を増すことになりますが、髪の毛にとっては抜け毛の原因となる物質の原料となっているため、発毛を妨害されてAGAの症状が発症してしまいます。